本文へ移動

ニュース

熊本県建設産業団体連合会 平成29年度新年名刺交換会
2018-01-09
平成30年1月9日(火)、ホテルキャッスル熊本にて平成30年新年名刺交換会を開催しました。当日は県選出国会議員を始め、行政、金融・建設関係者など約500人が出席。
 橋口会長は「報道等であるように、解体工事を中心に下請業者への工事代金の未払い等の問題が顕在化しており、震災からのいちはやい復旧・復興事業の推進には、県外からの応援は大変ありがたいことだが、我々県内の施工者も忙しさのあまり建設業法や労働者派遣法違反にならない様、誇れる復旧を進めるためにも足元を見すえ、復旧・復興事業に取り掛かることが重要。多い仕事にかまけることなく、使命感を持ち丁寧な仕事をすることが、ひいては県民の皆様の創造的な震災からの復興という期待に応えることになると確信している。
 また、「各発注機関には、熊本地震等復旧・復興工事情報連絡会議を通じて共有している現状を踏まえ、発注のみに走らず、ものづくりの大切さを念頭に置き、優先順位を付け事業の執行に当たれるようにして頂きたい。限られた施工者数のなかで、過労による2次災害的な労災事故も多数発生しており、事故を起こさず無理の無いペースで仕事に当たれるよう、繰越制度の延長等のご配慮を賜りますようお願いする。」と挨拶。
 その後開宴し、創造的復興に向け、使命感に燃え熱気溢れるスタートとなりました。
2
0
9
1
3
9
TOPへ戻る